Category Archives: 「IT批評」1号:2010/12/6刊

プラットフォームクロニクル OS戦記〜70年代から熾烈につづく攻防戦の行方②

林 信行

プラットフォームを制した者だけが時代の覇者となる。主戦場を次々にかえながら、覇者がめまぐるしく交代し続けるデジタルプラットフォームの世界。しかし、覇者の座を常に狙える企業はいくつかしかない。

まだ、本記事の前編を読まれていない方は、こちらから。

プラットフォームクロニクル OS戦記〜70年代から熾烈につづく攻防戦の行方①

林 信行

 

プラットフォームを制した者だけが時代の覇者となる。主戦場を次々にかえながら、覇者がめまぐるしく交代し続けるデジタルプラットフォームの世界。しかし、覇者の座を常に狙える企業はいくつかしかない。

 

ソーシャルメディア時代の覇権を握るのはどこか?~ソーシャルグラフから見る日本のSNS

IT批評
池田紀行・池田勇人

 独自ともいえる進化を遂げてきた日本のSNS。人間関係の文化性を乗り越えてFacebook は日本でもソーシャルメディアを制すのか。「ソーシャルグラフ・プラットフォーム」の視点で、SNSの将来を読み解く。

クラウド導入のジレンマ〜見えにくいクラウドのセキュリティ問題

IT批評
佐藤 健・西田助宏(NRIセキュアテクノロジーズ)

情報システムとして、クラウドコンピューティングの導入を検討する企業は多いが、実態としてそのペースは意外と鈍い。なかでも、クラウドの導入を阻害する要因として最も不安視されている点は、セキュリティであることがアンケート調査等の結果から見えてきた。利用者が不安を感じるほど、クラウドのセキュリティは未熟なのであろうか。本稿では、クラウドの利用を検討する企業の疑問を解いていこう。

激安クーポンを販売する「グルーポン」が大人気の理由は?

IT批評
三浦一紀

インターネット上にはこれまでになかったアイデアのビジネスが日々生まれている。そんなネットの世界で、最近、もっとも成功している注目のビジネスを紹介する。

政府はITに何を求めているか〜予算の概算要求から

IT批評
大賀真吉

「事業仕分け」でこれまで以上に注目を浴びる国家予算。ITへの国の投資は、IT業界の未来を占うか? 

ITがもたらした会計基準統一の動き 〜IFRSは誰のために、何のためにあるのか?

IT批評
伊藤 歩

 IT化が意味する情報革命の流れが、金融市場に呼び起こしたものは、投資家の“会計基準の統一”への欲求であった。IFRS導入は日本企業に何をもたらすのか? 問題はシステム変更のコストだけではない。

IT技術でロケットが打ち上がる

IT批評
喜多充成

 

小惑星探査機「はやぶさ」の帰還で世間の注目が一気に集まった宇宙開発。日本ならではのIT技術を生かした、新たなチャレンジへの助走が始まっている。

アンドロイドOS はアップル帝国の牙城を崩せるか?

IT批評

三浦一紀

これまで、スマートフォン市場に対する動きの見えなかったauが、アンドロイド携帯で参入を開始。アップル勢との本格的な市場競争がいよいよ火ぶたを切った。

発展途上のクラウド技術〜グリッドからみる、その本質

IT批評
関口智嗣(産業技術総合研究所 情報技術研究部門長)

「クラウド」はバズワードと言われる。それを用いるさまざまのビジネスモデルから、その概要を知ることもできるが、グリッドコンピューティングを対置して考えることで、クラウドの新たな姿が見えてくる。