Category Archives: A.I.

最先端のAI・動作解析技術との連携開始 東京工業大学の最先端技術を健康管理クラウドサービス『CLIMB DB』へ転用

クライム・ファクトリー株式会社(東京都新宿区 代表取締役:馬渕浩幸)は東京工業大学 生命理工学院(東京都目黒区 学院長:三原久和)の最先端AI、動作解析技術と連携し、最先端技術の民間転用を図る取り組みを開始いたしました。

人工知能(AI)を活用した戸建住宅向け地盤解析を開始 ~業界初の人工知能による地盤解析実用化へ~

​“生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指す地盤ネットホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:山本 強、以下、当社)は、子会社の地盤ネット総合研究所株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:山本 強)が研究開発した人工知能(AI)を活用した戸建住宅向け地盤解析の実用化を開始しましたのでお知らせ致します。

AIの提案でスマホからの「購入者数」が約2倍に WACUL、「AIアナリスト」をヨガウェアECのYinYangに納入

株式会社WACUL(読み:ワカル 本社:東京都千代田区 代表取締役:大津裕史)は、株式会社YinYang(本社:京都府京都市)がWebサイトのデータを分析し改善提案まで行う人工知能「AIアナリスト」を導入し、ヨガウェアECサイト「YinYang」(http://shop.yin-yang.jp/)のスマートフォン用ページで、「AIアナリスト」のアドバイスに従い改善を行った結果、「購入者数」が約2倍となる成果をあげたことを報告します。

人工知能がチーム成長させるプロジェクト管理ツール「Commu」(コミュー) β版の提供開始について 機械学習とプロジェクト管理を組み合わせた次世代のプロジェクト管理ツール

世の中の未完了プロジェクト0を目指し、プロジェクトの開発とともに成長していくプロジェクト管理ツール「Commu」(URL:https://commu.co.jp) についてベータ版での試験運用を開始したことをご報告いたします。

人型ロボット「Pepper」とAIが連携するプログラムレスソリューション「Scenaria(シナリア)」発表 〜株式会社ジェナと業務提携し共同開発〜

株式会社フライトシステムコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 片山圭一朗、以下当社)は、株式会社ジェナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 手塚康夫、以下ジェナ)と人型ロボット「Pepper」の法人向けモデル「Pepper for Biz」に関するプログラムをWEBブラウザによる操作だけで開発が可能なクラウドサービス「Scenaria(シナリア)」を共同開発しました。またScenariaを事業化するため、ジェナと業務提携を決定し、締結したことを発表致します。

AIチャットボットサービス「hitTO」と「LINE WORKS」が連携対応 「LINE WORKS」へ簡単にAIチャットボット機能の搭載が可能に

法人を対象とした、モバイル・ロボット・AI・IoT向けアプリケーション開発を展開する株式会社ジェナ(以下 ジェナ)のAIチャットボットサービス「hitTO(ヒット)」(以下 hitTO)と、ワークスモバイルジャパン株式会社(以下 ワークスモバイルジャパン)が提供する「LINE」とつながる唯一のビジネスチャット「LINE WORKS」が連携対応したことを発表します。

Ristが人工知能技術であるDeep Learningを用いた画像解析・検査・分類ソリューション『Deep Inspection』を提供開始 従来技術では分類モデルの作成が困難であった、個体差のある対象(医療画像、不純物、欠品)の画像解析・検品・分類ソリューション

株式会社Rist(東京都中央区 代表取締役社長 遠野宏季、以下Rist)は、人工知能技術であるDeep Learningを用いた画像解析・検査・分類ソリューション「Deep Inspection」の提供を開始しました。

SoundHound社、7500万ドルの資金調達を実施し、Houndify AI音声技術プラットフォーム(コレクティブAI)の成長と国際化を推進。 Samsung、NVIDIA、野村ホールディングス、損保ジャパン日本興亜、リクルートなどの戦略的投資家を迎え、Houndify AI プラットフォームのグローバル展開を加速。

音声認識及び対話型AI技術のリーディングイノベーターである SoundHound Inc.®は、Dラウンドとして7500万ドルの資金調達を行い、新たな戦略的投資グループを迎えました。SoundHoundは、今回のラウンドにより総額1億1500万ドルの資金調達を実現しました。今回調達された資金は、グローバル展開とHoundify™ プラットフォームを通じた”Collective AI ”ビジョン実現のために利用され、企業の成長を加速します。

「パナソニック-産総研 先進型AI連携研究ラボ」を設立

パナソニック株式会社(以下 パナソニック)と国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下 産総研)は、2017年2月1日、「パナソニック-産総研 先進型AI連携研究ラボ」(以下、先進型AI連携研究ラボ)を設立します。本連携研究ラボは、加速的・集中的研究開発実現のために2016年4月に制定された産総研連携研究室制度を活用したもので、総合電機メーカーとして企業名を冠する初の研究ラボとなります。

popIn、Baidu社のAI技術を活用した画像レコメンドエンジンをリリース

popIn株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:程 涛、以下 popIn)は、Baidu社のAI技術を活用し、共同開発した画像レコメンドエンジン「Photo Discovery」を提供開始します。「Photo Discovery」は、Webメディアが保有する記事の中にある画像をDeep Learningにより解析し、画像を切り口にしたレコメンデーションサービスです。