ロケーションベースSNS「Spectee」、全国の初詣スポットから「あけおめ」メッセージをリアルタイム配信

Pocket
LINEで送る

iPhone向けのロケーションベース・リアルタイム配信アプリ『Spectee』は、全国の初詣スポットから初詣で賑わう様子や現地からの「あけおめ」メッセージをリアルタイムに配信します。

ユークリッドラボ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:村上 建治郎)は、世界中のあらゆる地域で「今」起きている出来事をリアルタイムに配信するアプリ『Spectee(スペクティ)』を通じて、12月31日の大晦日から1月5日まで、全国6つの初詣スポットから現地のリアルタイムの様子や年越しカウントダウン、また現地から届く「あけおめ」メッセージをソーシャルライブ配信します。

『Spectee』は、Twitterなどのソーシャルメディアに投稿された写真やテキスト等の情報を抽出・解析し、その場所でリアルタイムの様子を配信するほか、実際にその場所にいる人同士でコミュニケーションを楽しむことができるロケーションベースのSNSです。

今年7月にルクセンブルグで開催されたヨーロッパ最大規模のスタートアップ・テックイベント「ICT Spring Europe2014」にて公開され反響を呼び、8月のベータ版リリース以降、青森ねぶた祭をはじめ多くのイベントで公認アプリとして提供され、現地からのリアルタイム配信や現地にいる人同士のコミュニケーションツールとして活用されています。

iPhoneアプリ「Spectee」のダウンロードはこちらから
http://www.spectee.com

<配信予定スポット>
明治神宮
川崎大師
成田山新勝寺
浅草寺
伏見稲荷大社
鶴岡八幡宮

Pocket
LINEで送る