仮想書店に入り込む体験が可能なアプリ「オキュラス書店」のベータテストを開始 CGで作り出した書店の中を歩き、書籍の情報を閲覧・購入可能

Pocket
LINEで送る

株式会社ブックスキャンが、VR(仮想現実)ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」を使ってCGで作り出した仮想書店の中にまるで自分が入り込んだかのように体感できるバーチャル書店アプリケーション「オキュラス書店」のベータテストを開始した。


Oculus Riftとは、米Oculus VRが開発したバーチャルリアリティ用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)で、日本でも個人・企業問わず同ガジェット対応の様々なアプリやサービスが開発されている。

「オキュラス書店」は、Oculus Riftの特性を活かし、CGで作り出した書店の中を歩き、書籍の情報を閲覧することができるアプリ。現段階のアプリだと、空間内を自由に歩き回り、 Amazonのベストセラーの書籍をチェック、書籍のタイトル、内容や発売日を確認することができる。そこから気になる書籍を購入することも可能になる見込み。

現実店舗を持たずに理想の店舗を持つことができ、利用者も実際に出向かずに店舗の雰囲気を楽しめる。利用者に対してより現実店舗に近いアプローチが可能となっている

同社は今後も、「オキュラス書店」の新機能追加と最新機種への対応に積極的に取り組むとしている。

また、株式会社ブックスキャンでは、バーチャル書店の構築も請け負っている。
価格は100万円から。

※オキュラス書店アプリを楽しむためにはOculus Rift本体が必要となります

Pocket
LINEで送る