ウェブは“空間”を資源化する〜ソーシャル時代の情報空間論/鈴木謙介

ウェブとリアルとの間における、ヒト・モノ・カネ・データの交通が激しくなっている。O2O、オムニチャネル、IoT……、キーワードは無数にあり、ウェブとリアルの融合は進む。では、リアル空間がウェブ情報と切り離せなくなったとき、それぞれをどの視点から評価すればよいのか? 記事を読む »

任天堂はなぜ勝者となりえたのか/サイトウ・アキヒロ

結果としてプラットフォーマーになれなくとも、その革新性と進化によって、消費者以上に業界内に多大な影響を与えつづける企業ソニー。その蹉跌のなかに、日本企業の可能性が垣間見えてくる。新しいルールを生むのはソニーのようなチャレンジ精神のある企業だけだ 記事を読む »

人間は知能を人工化することができるのか?〜想像と思考を拒絶する人工知能 その1

人工知能をめぐる議論は各分野に波及するものである。それは、人間とはなにか、知能とはなにかをめぐる問題設定にほかならないからだ。人工知能が人間をかけて離れていく可能性を探る。 記事を読む »

日本人はロボットアニメにどんな夢と欲望を託したのか〜アニメが描いた日本の現在と未来①

稲田豊史(構成:3rd.mobi編集部) 日本人の無意識のなかにあるロボット観をアニメのなかから探る。アニメ作品に現れたロボットたちは、まだ見ぬ未来への想像を通して社会背景を照らしつづけてきた。『セーラームーン世代の社会論』(すばる舎)著者の特別連載・第1回。 記事を読む »

 

日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」4期採択企業デモデイ 6月5日(火)開催~2018年9月開始の6期採択企業も募集開始~

ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下 ディップ)は、日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator(エーアイアクセラレータ)」の4期採択企業のプログラム成果発表会であるデモデイを2018年6月5日(火)に開催いたします。

多言語AIチャットボット「Desse」、高機能ライブチャットソリューション「Zendesk Chat」連携サービスを提供開始 ~チャットボットと有人チャットソリューションを組み合わせでグローバル対応可能なオンライン接客を実現~

カスタマーサービスのプラットフォームを提供するZendeskのAuthorized Solution Providerであるフォー・フュージョン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鈴木 昭彦、以下FF)は、SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:谷原 徹)と共同で、多言語AIチャットボット「Desse(デッセ)」と高機能ライブチャットソリューション「Zendesk Chat(ゼンデスク チャット)」を組み合わせた、多言語対応チャットボット連携サービスを4月4日から提供開始します。
本サービスは、先行してSCSKサービスウェアとの共同プロジェクトによりPeach様に導入されました。今回の連携サービスは、これらのノウハウを踏まえ、サービス化に至りました。

話題のAI選考について就活生の反応は? ~キャリタス就活2019 学生モニター調査結果 (2018年3月発行)速報~

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2019年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に、3月1日時点での就職意識および就職活動の準備状況に関する調査を行いました。(調査期間:2018年3月1日~6日、回答数:1,258人)
企業の採用活動に技術革新が訪れており、「AI(人工知能)」を活用したHRテックが、人事担当者の役割を肩代わりする動きも出始めています。就職戦線がスタートした時点での学生のAIによる選考についての反応をたずねました(詳細については3月中旬発行の確報版をご覧ください)。

※下記項目の詳細は<確報版>(3月中旬発行予定)にお知らせいたします。

定額制動画配信サービスの利用率は「Amazonプライム・ビデオ」が首位 『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2017年総集編【トレンドトピック版】』

~2017年のモバイル&ソーシャルメディアトレンドを厳選した245ページのレポートを無料提供~
株式会社ジャストシステムが運営する、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」では、全国の15歳から69歳の男女1,100名を対象に『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査』を、2012年7月から毎月1回実施しています。このたび、そのときどきのトレンドに焦点を当てて調査を行っている設問について、2017年1月から12月までの調査データをまとめて分析し直し、その内容を『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査~2017年総集編 【トレンドトピック版】』 として発表します。
調査データをすべて収録した245ページのレポートを、自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

ラッカス、セキュアなIoTアクセスネットワークを可能にするIoT Suiteを発表 Ruckus Suiteにより異なるIoTネットワークを統合し、企業・団体向けのセキュアなIoT導入を実現 投資回収期間のスピードを速め、導入コストを削減

【2018年2月21日-モバイルワールドコングレス:スペイン・バルセロナ】 ARRIS社の傘下であるラッカスネットワークス(米カリフォルニア州サニーベル、社長:ダン・ラビノヴィッツ:以下、ラッカス https://www.ruckuswireless.com/)は、2月21日(米国時間)、企業向けの、複数層に分かれたIoTネットワークを、単一のネットワークに統一可能なRuckus IoT Suiteを発表しました。Ruckus IoT Suiteは、無線LANおよびIoTアクセスネットワーク間において共通のインフラを利用することで、投資回収期間を短縮し投資利益率(ROI)を向上させ、導入にかかるコストを減少させます。

AIおよびIoTを導入した新築分譲住宅「IoT住宅」の試験運用を開始 ~シャープ、ライナフ、KAMARQと協力し「不動産+IT」を推進する新サービスを提供~

関東を中心に不動産の販売を行うケイアイスター不動産株式会社(本社 埼玉県本庄市、代表取締役 塙 圭二)は、不動産業界のあらゆる課題解決とともに、経営理念でもある「豊(ゆ)・楽(た)・快(か)」な暮らしの創造を目指す為、ITを駆使した新たなサービスに取り組んでいます。この度、その取り組みの一環として、シャープ株式会社(以下、シャープ)、株式会社ライナフ(以下、ライナフ)、KAMARQ HOLDINGS PTE.LTD(以下、KAMARQ)と協力して、不動産仲介会社が販売する当社の新築分譲住宅に、人工知能(AI)およびIoTを導入した「IoT 住宅」の第一回目の試験運用を2月1日(木)から開始しました。

CAC、感情認識AIを用いた動画分析サービス「心sensor」の提供を開始 ~ 手元に動画だけ用意すれば手軽に感情分析が可能に ~

株式会社シーエーシー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:西森良太、以下CAC)は、感情認識AIを用いて人の表情を解析し、読み取った感情を数値データ化する動画分析サービス、「心sensor(Ver.1.0)」(以下「心sensor」)の提供を2018年2月1日(木)から開始します。

位置情報システム構築向け「TED Azure IoTキット-GPS」の販売を開始

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は、簡単に位置情報システム構築が可能な「TED Azure IoTキット-GPS」を2018年1月23日より販売します。
URL:https://esg.teldevice.co.jp/iot/portal/kit/detail-12.html

近未来のIoT空間が楽しめるスマートホステル「&AND HOSTEL」が続々誕生!秋葉原と神田に2ヶ月連続で新規オープン! 〜スマートスピーカーがコンシェルジュ!大崎電気工業株式会社「ホームウォッチ」、ヤフー株式会社「myThings Developers」と連携しIoT空間がさらに進化~

​and factory株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:小原崇幹 以下「and factory」)は、IoT体験型宿泊施設であるスマートホステルブランド「&AND HOSTEL」の4号店「&AND HOSTEL AKIHABARA」を1月20日に、5号店「&AND HOSTEL KANDA」を2月20日にそれぞれ開業致します。

【ホテル日航成田】「トリップAIコンシェルジュ」提供開始 ホテルへの質問を人工知能がチャット形式で回答 2017年12月13日(水)から28日間で407件の利用

2018年5月21日(月)に開業40周年を迎えるホテル日航成田(成田市:総支配人 吉髙誠)では、2017年12月13日(水)から株式会社リクルートライフスタイル(千代田区:代表取締役社長 淺野 健)が提供するAI(人工知能)を活用した問い合わせ自動返答システム「トリップAIコンシェルジュ」のサービスの提供を開始いたしました。