ウェブは“空間”を資源化する〜ソーシャル時代の情報空間論/鈴木謙介

ウェブとリアルとの間における、ヒト・モノ・カネ・データの交通が激しくなっている。O2O、オムニチャネル、IoT……、キーワードは無数にあり、ウェブとリアルの融合は進む。では、リアル空間がウェブ情報と切り離せなくなったとき、それぞれをどの視点から評価すればよいのか? 記事を読む »

任天堂はなぜ勝者となりえたのか/サイトウ・アキヒロ

結果としてプラットフォーマーになれなくとも、その革新性と進化によって、消費者以上に業界内に多大な影響を与えつづける企業ソニー。その蹉跌のなかに、日本企業の可能性が垣間見えてくる。新しいルールを生むのはソニーのようなチャレンジ精神のある企業だけだ 記事を読む »

人間は知能を人工化することができるのか?〜想像と思考を拒絶する人工知能 その1

人工知能をめぐる議論は各分野に波及するものである。それは、人間とはなにか、知能とはなにかをめぐる問題設定にほかならないからだ。人工知能が人間をかけて離れていく可能性を探る。 記事を読む »

日本人はロボットアニメにどんな夢と欲望を託したのか〜アニメが描いた日本の現在と未来①

稲田豊史(構成:3rd.mobi編集部) 日本人の無意識のなかにあるロボット観をアニメのなかから探る。アニメ作品に現れたロボットたちは、まだ見ぬ未来への想像を通して社会背景を照らしつづけてきた。『セーラームーン世代の社会論』(すばる舎)著者の特別連載・第1回。 記事を読む »

 

企業のAIへの期待値は高め!2017年春「AIに関しての意識調査」結果発表 ~すすむ社内AI対応人員確保、プロジェクト予算確保~

AI・コグニティブソリューションの株式会社アイアクトは、
2017年1月~3月において「AIに関しての意識調査」を実施いたしました。

MSI、GAMINGデスクトップPCの日本市場参入開始 第1弾として、コンソールサイズのVR対応モデル「Trident 3」を発売

MSIは、4月上旬より、GAMINGデスクトップPCの日本市場参入を開始いたします。その第1弾製品として、コンソールサイズのボディに高性能グラフィックスカードを搭載することで、最新のVRコンテンツも楽しめるパフォーマンスを実現したコンパクトPC「Trident 3」を市場投入いたします。市場想定価格(税込)は上位モデルが198,000円で、4月10日より予約販売を開始いたします。

「動画って、楽しい。」MOVTECH YouTubeチャンネル、3月29日よりスタート

デジタルハリウッドでは、身近にあるスマホやデジカメで動画づくりの面白さを伝える「MOVTECH YouTubeチャンネル」を3月29日に開設します。
記念すべき第1回目の配信動画は、チャンネル登録数15,000人を誇る「カメラの学校(https://www.youtube.com/user/camegaku)」でおなじみ「ヒロキメン」、現役女子大生MOVTECHガールズ「ソさん」、デジタルハリウッド大学「おぐらいさく准教授」の3名が、「熱々おでん」と「スマホ」を使ってシズル感の演出にチャレンジします。

ブロックチェーン技術を活用した動画広告配信システム、送金サービス、及び仮想通貨取引所システムのすべてをシングル・サインオンで横断的に利用可能なシステムを世界で初めて開発し、リリース システム名は「c0banシステム」といい、動画広告プラットフォームアプリ及び、ブロックチェーン・仮想通貨のc0banの送金を実現するウェブウォレット、仮想通貨c0ban取引所の3つから構成されます

株式会社LastRoots(本社:東京都港区 代表取締役CEO:小林慎和 以下LastRoots)は、この度LastRootsが産み出した仮想通貨c0banを活用した世界初のシステムを実現したことをお知らせ致します。具体的には、SSO(シングル・サインオン)により、次の3つのシステムを横断的に、セキュリティ性高く利用可能な「c0banシステム」の開発に成功しました。

人工知能型タブレット教材を開発するCOMPASSが取締役副社長CFOに康井義房を招聘AIを利用した教育事業拡大のため、総額2.2億円の増資を実施

人工知能型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」を提供する株式会社COMPASS(本社:東京都世田谷区、代表:神野 元基、以下 COMPASS)は、2017年1月5日付で康井 義房(やすい よしふさ)を取締役副社長CFO(Chief Financial Officer : 最高財務責任者)に迎え入れました。今後の当社の更なる事業強化に向け、長年に渡る金融機関での業務や事業会社経営によって培われた豊富な経験と見識を活かし、ガバナンス及び経営の強化を進めて参ります。

またCFO参画後第一弾の資金調達として、7名の個人投資家を引受先とする総額2.2億円の第三者割当増資が2017年2月28日に完了いたしました。
今回の増資により、教材コンテンツの開発や事業基盤の強化、人員の拡充を行って参ります。

明和地所グループが管理するマンションでインフォテリアの「Platio」を利用したIoT実証実験を開始。IoTモバイルアプリの迅速な開発によるマンション管理業務の品質向上を目指す!

明和地所株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:原田英明、証券コード:8869、以下、明和地所)と明和地所の関係会社である明和管理株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:右原愼介、以下、明和管理)とインフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)は、明和管理が管理するマンションにおける管理業務の品質を向上させることなどを目的に、インフォテリアのIoTソフトウェア開発基盤「Platio」を利用したマンション管理業務における実証実験を4月中旬より開始することを発表します。

スマートフォンの中で木のおもちゃたちが動き出す!弊社企画・制作の遊んで学べるおもちゃ「アソビグリコ」が3月28日発売。

株式会社エイド・ディーシーシー(本社:大阪市中央区、代表取締役:富永幸宏、以下AID-DCC Inc.)は、江崎グリコ株式会社(本社:大阪市西淀川区、代表取締役:江崎勝久、以下江崎グリコ)が2017年3月28日より新発売する、アプリで遊びながら学べる木のおもちゃとセットになった「グリコ(通称・アソビグリコ)」のアプリ企画・制作(専用アプリ、専用サイト、紹介動画)を行いました。
専用アプリをダウンロードし、スマートフォンやタブレットのカメラでおもちゃを撮影すると、スマホやタブレットの中で動物たちが動き出し、遊びを通じて動物の生態を学ぶことができます。

(株)インロビ、ビットコイン(仮想通貨)取引所の比較情報サイト「ビットコインラボ」をリリース

株式会社インロビ(本社:東京都新宿区、代表取締役:後藤田隼人)はビットコイン(仮想通貨)取引所の比較情報サイト「ビットコインラボ」を3月28日にリリースいたします。

「ビットコインラボ」はビットコインやアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を扱う取引所の比較情報サイトです。改正資金決済法の施行を控え、ますますビットコインやアルトコインの利用者は増加していくことが予想されます。

AI(人口知能)を活用したチャット対応サービスの提供開始

株式会社エスケーホームは、AI(人口知能)による自動回答機能を持ち合わせた24時間365日のチャット対応サービスを開始した。

テスティー、若年層のSNS利用に関する調査を実施 〜利用率No.1は「LINE」!いまどきの若者は連絡先交換よりもLINE交換が主流~

株式会社テスティー(本社:東京都港区、代表取締役:横江 優希、以下テスティー)は、運営するスマートフォンアンケートアプリ「TesTee」ユーザーのうち10代、20代の男女計2,010名(10代男女1,006名、20代前半男女1,004名)を対象にSNS利用に関する調査を実施いたしました。